LOH症候群の治療に対する副作用

LOH症候群の治療に対する副作用

当該治療により懸念される副作用は以下の通り

懸念される副作用
・多血症
・前立腺肥大症
・肝機能障害
・睡眠時無呼吸症候群

LOH症候群のアンドロゲン(男性ホルモン)補充療法は、テストステロンを筋肉に注射する方法です。筋肉注射による治療方法においては、肝機能障害の副作用はまれであるとされています。

また、前立腺がんを誘発する可能性の有無についても、これまでの臨床データによると、アンドロゲン(男性ホルモン)補充療法の対象者の前立腺がんにかかる割合は、一般的な割合と同程度です。

前立腺肥大症の進行とアンドロゲン(男性ホルモン)補充療法による関係についても今のところ臨床データ上は関係性がないというデータが挙がっています。

ただし、そもそも前立腺肥大症の原因は男性ホルモンの過多によるものと定義づけられているため、LOH症候群のホルモン補充療法を行うときは懸念すべき副作用の一つとして留めておく必要があるそうです。

多血症は血液中の赤血球の数が増加する症状であり、血栓等による心筋梗塞や脳梗塞と関連のある症状であるといわれています。

当該治療方法によって多血症を引き起こすデータは存在します。ただし、当該治療中に血液検査や投与回数の管理などを十分に行うことで、多血症のリスクを軽減しています。

なお、LOH症候群の治療に対する副作用やリスクについてはすべてがわかっているわけではありません。個人の体質や持病なども考慮したうえで治療の判断が行われますので、治療期間中に状態が変化した場合(特に、持病をお持ちの方や過去に同じような病態に陥った方)は、すぐに病院で診てもらうようにしてください。

このページの先頭へ