イメージ画像

LOH症候群になりやすいとされる年代

加齢によるテストステロンの減少によってかかりやすいLOH症候群ですが、かかりやすい年代というものは存在します。

理学的な側面で言うと更年期(40代後半~50代前半)、熟年期(50代中頃~60代前半)、老年期(60代中頃以降)と呼ばれる年代です。

20代中頃をピークに30代前半頃から男性ホルモンの分泌量は減少します。あるデータによると、男性ホルモンの減少率は年1%~2%と言われています。LOH症候群に『加齢男性性腺機能低下症』という名前がついている通りです。

しかしながら、LOH症候群にかかる年代は徐々に下がってきています。

実際の検査結果をみると、30代中頃の人でも男性ホルモンの血中量などの正式な検査でLOH症候群と診断される方も多く存在し、30代の方の罹患数は増加する傾向にあります。

この傾向の原因は、男性ホルモンを含め多くのホルモンにおいて、その生成・分泌が
精神的な影響を受けやすいという特徴を持っているということに起因します。

強いストレスを受けることで自律神経が抑圧され、正常なホルモン生成・分泌活動が妨げられるということはよくあります。

強いストレスに晒され続けることによって男性ホルモンの生成や分泌が妨げられ、
ストレスに晒される状態が日常的に続くことによってLOH症候群を発症してしまうのです。

30代中頃~40代前半の男性は会社で責任ある地位にあることも多く、社会的なストレスに晒される機会が非常に多くあります。

そういった状況にある方は男性ホルモンの低下を招きやすい環境にあることは確かで、このような事情もあり30代の方であってもLOH症候群にかかる方が多くなっています。

場合によっては、30代、40代の方が50代、60代よりもLOH症候群と診断される割合が多いと言われるほどです。

このページの先頭へ