LOH症候群のセルフチェック(チェックシート)

LOH症候群のセルフチェック(チェックシート)

LOH症候群の診断をするときに、病院などで実際に使用される質問票(チェックシート)を載せておきます。

LOH症候群の診断に大いに役に立つ質問票であることは確かですが、LOH症候群の原因である男性ホルモンの減少に確実な関連性があることは認められておりません。

LOH症候群の診断は医師や専門家による問診や検査等による総合的判断によって確定するものであり、セルフチェックにのみよって決定するものではありません。

疑わしい症状のある方やLOH症候群の罹患に対し不安がある方は、
セルフチェックによる結果にかかわらず、必ず病院等で正式な検査を受けるようにしてください。

LOH症候群の質問票として代表的なものがハイネマンの質問票です。

チェック項目は全部で17項目あり、それぞれ『ない』『軽い』『中程度』『重い』『非常に重い』の五段階で回答します。

質問 なし 軽い 中程度 重い 非常に重い
点数  1 2 3 4 5
1 総合的に調子が思わしくない
2 関節や筋肉の痛み
3 ひどい発汗
4 睡眠の悩み
5 よく眠くなる,しばしば疲れを感じる
6 いらいらする
7 神経質になった
8 不安感
9 からだの疲労や行動力の減退
10 筋力の低下
11 憂うつな気分
12 「絶頂期は過ぎた」と感じる
13 力尽きた,どん底にいると感じる
14 ひげの伸びが遅くなった
15 性的能力の衰え
16 早朝勃起(朝立ち)の回数の減少
17 性欲の低下
点数合計 

ない=1点、軽い=2点、中程度=3点、重い=4点、非常に重い=5点 とし、
17項目それぞれの設問でチェックした数字をすべて合計します。

どの程度のLOH症候群として判断できるか、点数の総合計により確認します。

総合計
17点~26点=なし
27点~36点=軽度
37点~49点=中程度
50点以上=重度

このページの先頭へ