LOH症候群【加齢男性性腺機能低下症候群】 ガイドライン

LOH症候群【加齢男性性腺機能低下症候群】 ガイドライン

LOH症候群【加齢男性性腺機能低下症候群】について、症状や診断基準などLOH症候群と判断する過程で重要なポイントを紹介します。

また、LOH症候群の治療に伴う副作用やリスクについても言及し、対策をどのようにしているかなどについても紹介します。

LOH症候群ガイドライン目次

LOH症候群とは

LOH症候群とは一括りにされていた男性更年期障害という病態を、一部その検査方法や症状、治療方法などを明確化したものです。

⇒詳細を読む

LOH症候群にかかりやすい年代

LOH症候群は加齢によって男性ホルモンの分泌量が著しく減少した男性の方に起こる症候群とされていますが・・・。

⇒詳細を読む

LOH症候群の症状

LOH症候群の症状は、肉体的な症状や精神的な症状など多岐にわたり精神疾患の症状と似ていますが、原因は男性ホルモンに起因します。

⇒詳細を読む

LOH症候群の診断方法と診断基準

LOH症候群はテストステロンの分泌量の多寡によって診断します。その他、血液検査や質問票による問診などもLOH症候群の診断には必要不可欠です。

⇒詳細を読む

LOH症候群のセルフチェック

LOH症候群の治療に使われる質問票(チェックシート)を載せておきます。セルフチェックシートとしてご利用ください。

⇒詳細を読む

LOH症候群の治療方法

LOH症候群の代表的な治療方法がホルモン補充療法です。ただし、ホルモン補充療法を行うことができない場合もあります。

⇒詳細を読む

LOH症候群の治療に対する副作用

LOH症候群の治療によって起こりうる副作用や、考えられるリスクを把握しておくことは非常に重要なことです。

⇒詳細を読む

LOH症候群の検査・治療を行う病院

LOH症候群の診断や治療は大きな病院で行っていることが多いですが、検査を希望する場合は念のため事前に病院に問い合わせるようにしましょう。

⇒詳細を読む

このページの先頭へ